こひつじそだて。

フェイラー/子連れ旅行記/知育/小学校受験

こひつじそだて。

フェイラー沼に落ちたきっかけと経緯

これまでフェイラーのハンカチを250枚以上コレクションしてきました。

 

いわゆるフェイラー沼というやつですね。

 

何年か前にフェイラーの魅力に気付き、

いつの間にかハンカチの数は3ケタに。

それでも新作を追いかけ続けて今に至ります。

 

最初に言ってしまうと、私はこのフェイラー沼から抜け出したいと思っています。

 

フェイラー沼を楽しんでいる人には水を差す内容になってしまうかもしれませんので、そんな方は別の明るい話題を読んでくださると嬉しいです♪

↓↓明るい話題はこちら↓↓

 

また、沼にはまっている人や他のフェイラーファンの方々を否定するわけでは一切ございませんので、ご理解いただけますと幸いです。

 

 

 

 

 

フェイラーとの出会い

まだまだフェイラーファンが少なかったころ。

 

私には憧れの先輩ママがいました。

子供の学年が違ったのでそこまで親しくはなかったけれど、物腰が柔らかくておしとやか、上品だけれど決してお高く止まらない女性でした。

年上なのに少女のように可愛らしく、それでいて年相応。不思議な雰囲気の方でした。

 

人は自分にないものに惹かれるんですね。

 

自分と真逆のそのママさんを、いつも素敵だなぁと思っていました。

 

 

ある時、その方が使っていたハンカチがふと目に留まりました。

かわいくて上品

ママっぽくもあり、女性らしくもあり

 

フェイラー」のタグが付いたそのハンカチは、その方のイメージにぴったりだったのです。

それはもう、見惚れるほどに。

 

実はそれまでにもフェイラーのハンカチを見たことはありました。でも気に留めたことは一度もなかったように思います。

 

けれどこの日、

フェイラーのハンカチって素敵だったんだ...!

と自分の中で何かが目覚めたのです。

 

もちろんハンカチをフェイラーに変えただけで自分が素敵になれるわけではないのですが、優しくあたたかい雰囲気のハンカチに一目惚れしたのでしょう。

その晩、さっそくフェイラーのオンラインショップにアクセスし、ハンカチらしからぬ高い値段に驚きながらも、悩みに悩んで3枚のハンカチを購入したのでした。

 

あのママさんが使っていた「ジョイフル」のハンカチも一緒に。

 

 

初めてのフェイラー

「フェイラーって意外とかわいいデザインも多いんだ!しかし...1枚2000円だと!?」

 

と、値段に驚きつつ張り切って買った初フェイラー。

 

届いたフェイラーのハンカチは手触り最高、そして想像していた以上のかわいさと高級感

一目で気に入ってしまいました。

 

果たしてこのハンカチが水を吸うのか、タオルとしての性能は半信半疑でしたが、かわいい見た目と最高の手触りに気持ちが高揚したのを覚えています。

 

 

事件が起こったのは水通しの後。

 

「品質が変わらないから長く使える」と聞いていたフェイラーのハンカチが、たった一度の洗濯で見事に縮んでしまったのです。

ピシッとしていたフチは、ヨレヨレに。

 

テンションMAXからの急降下。

フェイラーに初挑戦する人は、わりとみんな通る道かもしれませんね。

長持ちではあるものの、縮むのはシュニール織の宿命です。

 

 

最初は予想外の展開に驚きましたが、

使っていくうちに、フェイラーの良さを実感するようになりました。

 

分厚くて優しい肌触り。

裏表がなく美しい織り。

何度でも手を拭ける吸水性。

 

そして何より、素敵なママさんと同じハンカチを使っているということが自分に充実感や幸福感をもたらし、フェイラーのハンカチを持っているだけで背筋がしゃんと伸びるような気がしました

 

(勝手に真似した身なので、ジョイフルのハンカチを目の前で使うことは控えましたが笑)

 

悩み抜いて選んだちょっとお高いハンカチを大切に使っている、そんな自分が好きだったのかもしれません

 

 

ハンカチを買い足す

大事に使っているとはいえ、たった3枚のハンカチ。

毎日使っているうちに、だんだん色褪せてきました。

 

そこで一念発起し、勇気を出してまた3枚

 

よく吟味して選んだハンカチはすぐに水を通し、日々のバリエーションに仲間入りします。

どのハンカチもすごくお気に入りで、毎朝カバンに入れるのが楽しみで仕方ありませんでした。

 

 

この頃の私はフェイラーがすっかり好きになり、暇さえあればオンラインショップのラインナップを眺めていました。

 

今ほど種類は多くありませんでしたが、新商品がすぐに完売することもありません

欲しいハンカチを必要な時にいつでも買うことができ、ゆっくり比較して吟味することが可能です。

 

この「いつでも買える」という安心感がこんなにも貴重で有り難いことなのか、この頃は知る由もありませんでした。

この安心感と、ハンカチが2000円というちょっとした緊張感のおかげで、必要な数のハンカチしか買わなかったのです

 

気に入ったデザインのハンカチがあっても、

「今あるハンカチで足りるから」

「今のハンカチが古くなったら、次はこれを買おう」

とのんびり構えていました。

 

その後、何度かハンカチを買い足す機会がありましたが、すぐに水通しをして使い始めるスタンスは変わることなく続けていました。

 

 

いつの間にか使う枚数<買う枚数に

当時のフェイラーの値段は1枚2000円。

 

最初は驚いた価格でしたが、何枚か購入するうちに慣れ、惜しみなく出せるようになりました。

麻痺って怖いです。

 

高いと言っても家計が傾くような値段ではないし、ちょっと節約すれば取り返せるくらいの額。

何よりフェイラーがすっかり好きになった私は、他のどの娯楽より優先してフェイラーを買いたいと思うようになり始めていました。

コレクター魂に火がついたのです。

 

そしてついに、買ったハンカチを使わずにしまい込むことを始めます

フェイラーを集める上で、この行為は魔窟

 

この行為こそがフェイラー沼の元凶だと個人的には思っています。

 

 

購入枚数が膨れ上がる

いちいち購入枚数を数えてはいませんが、

1年目は10枚

2年目は50枚

3年目は100枚...

のような感じで、買うペースが上がっている感覚がありました。

 

私がコレクションを始めたのと、フェイラーの急成長の時期が重なっていたことも大きいかもしれません。

 

発売と同時に売り切れることは基本的にはありませんでしたが、魅力的な新作がちょくちょく発売します。

そのたび送料をケチって、無理矢理3、4枚ずつ購入していました。

フェイラーの経営は絶好調で、新作の頻度もどんどん上がります

私の購入の頻度もどんどん上がっていきました

 

全部のデザインを買うわけではありませんが、「いいな」と思ったものはすべて購入

送料無料を目的に、そこまで欲しくないデザインも購入します。

 

気がついたら自分でも何枚あるかわからないほどになっていました。

 

 

フェイラー人気が急上昇...「好きなときに好きなものを買う」が不可能に

そして2020年頃より、それまでじりじり上がってきていたフェイラーの人気が急激に上昇。

2022年現在は、コラボ商品でなくても購入困難なデザインが出るほどです。

 

これでは、「好きなときに好きなものを、ゆっくり選んで買う」ことができません

 

発売予告とともにSNSで予約開始日が発表されると、店舗への電話が集中し、繋がらないこともしばしば。

やっと繋がったら品切れ。

オンラインショップでも即完売。

 

すべてのデザインがこうなるわけではありませんが、発売日を迎えるまでは在庫数や人気の度合いがわからず、皆が焦って予約に走っているような状況です。

 

フェイラーが好きなことには変わりませんが、なんだか窮屈になってきたなぁ...と感じ始めました。

 

 

やめたいけどやめられない...恐怖のコレクション

そもそもフェイラーがなぜ好きになったかともう一度振り返ると、上品で優雅な雰囲気と、持っているだけで背筋がしゃんと伸びる感じ、じっくり選んだちょっとだけお高いハンカチを大事に使う自分が好きだったからでした。

 

フェイラーを好きになり始めた頃の、丁寧に選び、大切に使う、そんな自分に戻りたいと常々思っています。

 

それではなぜ、買うのがやめられないのか?

 

いちばんの理由は、「買えなかった!」という後悔に対する恐怖です。

 

もう買うのをやめたいけれど、やっぱり「買うのをやめるのをやめた」時、後悔するのではないか。

あの時買っておけばよかった!と思っても、あとの祭りになることが多い最近のフェイラー。

そんな後悔を何度か味わってきたからこそ、それが怖くて買い続けてしまうのだと自分では思っています。

 

 

フェイラー沼を抜け出すのはいつになるのだろうか

もう買うのをやめたい自分と、

買い続けてしまう自分。

 

心から沼を楽しめているのならいいけれど、

後ろめたさを感じながら沼にはまり続けるのはもうやめたい

これからは少しずつ自分の気持ちに区切りをつけ、コレクター卒業に向けて努力できたらいいな、と思っています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

フェイラーは沼が恐ろしいので正直あまりオススメはできませんが、それでも興味があったらぜひ手に取ってみてくださいね。

品質はとても良いですよ!

 

フェイラーって何ぞ?という方はまず並行輸入品から買うのがオススメです。フェイラージャパンのものと品質は同じですが低価格です。デザインは異なります。偽物じゃないですよ。

 

こちらはフェイラージャパンの商品。私は最初からこちらに手を出しました。

 

最初は数えるほどだったコラボ商品も、今では無数にあります。こちらはわりと古くからコラボしているサンリオシリーズ。

 

偽物が心配な方はこちらの記事を読んでみてくださいね♪