こひつじそだて。

フェイラー/子連れ旅行記/知育/小学校受験

こひつじそだて。

日本最大の天文台があるホテル「オーベルジュ森のアトリエ」で非日常&天体観測!

オーベルジュ森のアトリエ」というホテルを知っていますか?

 

場所は熊本県阿蘇町

とっても自然豊かなところです。

 

そんな豊かな自然を生かし、満点の星空が楽しめる工夫が凝らされたホテルなんです...!

それだけではなく、大きな天文台を有し、星の専門家も在籍している本格的な施設でもあります。

 

今回はそんな南阿蘇ルナ天文台オーベルジュ森のアトリエ」に子連れで連泊してきました。

たくさんの写真とともにご紹介します。

 

 

 

★気になる項目をタップするとすぐ読めます★

 

木とレンガのかわいい洋館

大通りを逸れ、細い道を奥に入っていったところに「オーベルジュ森のアトリエ」はあります。

木のトンネルを抜けていくと...

広い芝生と小さな建物が!

木のトンネルを抜けた先にあるのは、物語に出てくるようなかわいい建物。

右にある丸い屋根は天文台です。

 

この建物がメイン

木とレンガのあたたかみが素敵です。

さっそく入ってみました...!

ホテル入り口

フロント

ダークカラーの木を基調とした、とってもレトロな空間が!

そしてとにかく宇宙を連想させる小物が所狭しと並んでいます。

非日常の雰囲気にわくわくします。

フロント横にはプラネタリウム入り口

フロント横にはプラネタリウムがあり、そのさらに奥にはライブラリーコーナーもありました。

ライブラリーコーナー

ちょっと一休みできるロビースペースもあります。

ロビー

小物がとにかくたくさん飾られているのですが、すべて綺麗に掃除されていて、とっても心地よい空間です。

 

本館に宿泊する場合、こちらの建物に宿泊することになります。

 

今回は別館を選択したので、チェックインをしたら早速別館に移動です!

素敵な建物なので名残惜しいですが、星空ツアーも食事も本館でおこなわれるので大丈夫!

 

 

 

客室

本館を出て1分ほど歩くと、そこには2階建ての洋館がありました。

外国のおうちみたいな雰囲気

早速入ってみます!

開放感のある客室

天井が高く、開放感のある空間が広がります。

天窓もあるので、本当に明るいです。

リビング部分は吹き抜け

小さなキッチンもあり、そのまま暮らせそうな雰囲気。

 

ベッドルームも十分な広さがあり、カーテンを開けると外の光がたっぷり入ってきます。

窓の向こうは草原と森になっているので、気兼ねなく開けておくことができました。

ベッドルーム

 

洗面所も木が基調。

木のあたたかみを感じる洗面台

木の洗面台って、とっても珍しい気がします。

常に濡れがちな場所なので木が痛みやすいし、簡単に交換できる場所でもないし。

どんなケアをしているんでしょうか。

 

外は肌寒い時期でしたが、部屋の中は暖房と床暖房が効いていてぽかぽか

でかけてしまうのがもったいないくらい素敵な客室です。

部屋を出るときまでなんだか素敵な気持ちになります

 

虫がいる!?

自然に囲まれたお部屋なので、虫さんがはいってしまうことがあるようです。

虫がいたらフロントに連絡すると、スタッフさんが駆除しに来てくれるとか。

 

びっくりするようなとんでもない虫が出たらどうしようとびくびくしていましたが、出たのはカメムシだけでした(それでも怖かった)。

夏はもう少し多いかもしれませんね。

 

台所のシンク下の棚には殺虫剤があります

ちょっとした虫ならこちらを使ったり、窓を開けて外に出したりして対処できそうです。

 

 

 

オーベルジュ森のアトリエでの食事

連泊なので同じメニュー2連続になることも覚悟していましたが、朝食・夕食ともに別メニューでした。

キッズメニューもありますよ。

 

夕食

こちらでいただけるのは「阿蘇の創作フレンチ」。



メインは両日ともに南阿蘇の名物・あか牛ですが、初日がハンバーグ、次の日はステーキでした。

 

メイン以外にもところどころに熊本産の食材が使われているのが嬉しいですね。

ディナーメニューの例(2日目)

熊本名物・馬刺しがカルパッチョ

サツマイモのスープ。星のクルトンがルナらしい

天草産・マダイ

デザート(ハリネズミのシュークリーム)

デザート(シフォンケーキとバニラアイス)
 キッズメニュー(ディナー)
  • メインは同じもの(サイズは小さめ)
  • スープ・パンは同じ
  • 大人メニューにはないサラダ・サイド各1品
  • 大人より小さめなデザート

といった内容でした。

メインがステーキの日のキッズメニュー

 

朝食

朝食メニューはこちら。

朝食 1日目

1日目はこれにプラスで白い丸パンがありました。

食べきれない場合の持ち帰り用にと紙袋を用意してくださり、おやつ用として持ち帰ることができました。

 

朝食 2日目

花束のようなサラダがイチオシなのか、サラダだけは2日間同じものでした(でもドレッシングは違う物を用意してくださいました!)。

花束のようなサラダ。かわいすぎて食べるのがもったいない...!

朝食は大人も子供も同じ内容でした。

 

食事の感想

どのメニューも見て楽しく、食べて美味しい

熊本の食材を少しずつ色々楽しめるのも、とっても嬉しかったです。

 

量はやや多いですが、食べきれないほどではないです。

 

混んでいる日は提供が遅め。

そのため満腹感を感じやすいですが、キッズメニューは1品ずつではなくまとめて出してくださったので助かりました。

 

従業員さんたちも皆感じがよく、優しい雰囲気で、気持ち良く過ごすことができました。

 

星空ツアー

せっかくルナ天文台に宿泊するなら、ぜひ参加しておきたいのが星空ツアー。

毎晩実施しており、今回は2日間とも20時~、約90分間でした。

 

星空ツアーの内容は?

2日間とも実施した大まかな内容がこちらです。

 

ただ、ツアーの内容はその日の天気や星空の様子、お客さんの数などによって異なるようです。

今回も、天気の良い日はプラネタリウムが短めになったり、お客さんが多い日は2グループに分けて実施するなど、臨機応変な対応がされていました。

 

ルナ天文台天体望遠鏡がすごい!

ルナ天文台には天体望遠鏡が複数あるのですが、

なんといってもいちばん注目なのがこちら!

ルナ天文台天体望遠鏡

大きすぎて写真におさまっていないのですが、

個人所有の天体望遠鏡としては日本最大のものだそうです。

すごいですね。

パソコンで観察したい星を設定すると、ドーム型の屋根が動き、望遠鏡がピントを合わせてくれます。

 

この日は土星木星が観察できました。

土星の輪、木星の縞模様はもちろん、衛星(地球にとっての月)までばっちり見えましたよ。

 

通常サイズ(といっても持ち運び困難なほど大きなもの)の天体望遠鏡では、月の観察をしました。

人数がすごく少ない日だったので、写真まで撮らせていただきました。(人数の多い日はやっていないそうです。あくまでもコンシェルジュさんのご厚意なので、無理なお願いはしないようにお願いいたします)

望遠鏡越しに見えた月

 

星見が原

ホテルの建物脇に、森に囲まれた草原があります。

そこが「星見が原」。

 

折りたたみベッドに寝転んで、夜空を眺めることができます

こちらは自由参加。コンシェルジュさんも少し説明をしたらいなくなってしまいます。

時間を忘れてぼんやり夜空を眺めるなんてとっても贅沢!

11時くらいまで、自由に出入りしていいそうです。

 

星空ツアーは寒い?

11月上旬、寒かったです。

コートや手袋、マフラー、ホッカイロなどを持参することをおすすめします。

冬はスキーウエアなど、完全防寒で行くのが良いでしょう。

プラネタリウムなど、室内でのアクティビティの際は暑くなるので、着脱できる格好が便利です。

 

ダウンコートのレンタルや、星見が原には寝袋の用意もありますよ

 

星空ツアーは赤ちゃん・子供も参加できる?

赤ちゃんや子供もたくさん参加していました。

ツアー参加者が多い日には、子連れグループと大人だけのグループに分かれてツアーが実施され、大人だけで静かに過ごしたいお客さんへの配慮もなされていると感じます。

 

夜遅くなるので、子供はちょっと眠そうでした。

赤ちゃんたちもプラネタリウムで眠ってしまったり...

 

途中で抜けることもできるので、無理のない範囲で参加するのが良さそうです。

 

オーベルジュ森のアトリエ 客層は?

客層は本当にさまざま。

  • 若いカップ
  • 熟年夫婦
  • 子連れ・赤ちゃん連れ
  • 友達同士

さまざまなグループが利用しており、どの年代も気持ち良く過ごせる工夫が凝らされています。

 

オーベルジュ森のアトリエ」は唯一無二の素敵なホテル!

オーベルジュ森のアトリエ」で過ごした2日間は、

外国の田舎にあそびに来たような、非日常の連続でした。

 

今回は秋でしたが、今度は別の季節にぜひ利用したいです。

ホテルのスタッフの皆様、ありがとうございました。

 

 

オーベルジュ森のアトリエ拠点の観光も最高でした!★