こひつじそだて。

フェイラー/子連れ旅行記/知育/小学校受験

こひつじそだて。

アーンジョーの姉妹ブランド・ルコットとは?【シュニール織 徹底解説②】

フェイラーのハンカチが大好きで、これまで250枚以上をコレクションしてきました。

 

実はフェイラー以外にも素敵なシェニール織はあります!

中でもいちばんのおすすめは、日本製シェニール織の「アーンジョー 」。

ふわふわの手触りは、実はフェイラーを越えるクオリティ

今回はそんなアーンジョーが製作している「ルコット」についてご紹介します。

 

そもそもアーンジョーって!?という方はこちら

 

 

 

アーンジョーの姉妹ブランド「ルコット」とは?

アーンジョーの商品で代表的なのは、犬や猫の愛らしいシェニール織。

 

さらに、最近はフルーツやスイーツの柄、ボタニカル調の柄など、新たな定番が続々と誕生しています。

 

そして、最近新たに登場したのがアーンジョーの姉妹ブランドと謳った「ルコット」というライン。

見た目は通常のアーンジョーと変わらない雰囲気ですが、値段がちょっとだけ安いのです。

 

とはいえ、安いのには理由があるはず。

品質がよくないのかな...

すっごく薄いとか?

日本製じゃないとか?

 

と懸念してしばらく手を出さずにいたのですが、

ついに買ってみました!

 

そしたらなんとなんと!

とーっても良かったのです!!

 

購入したアーンジョー「ルコット」のハンカチがこちら

今回購入したのはこちらの2枚

f:id:haruyamahitsuji:20220309150031j:plain

春らしさ溢れる「なのはな」

f:id:haruyamahitsuji:20220309150038j:plain

小動物とリンゴがかわいい「林檎の木」

ちょっと歪んでる…?というのが第1印象。

まぁこのような歪みはシェニール織りにはよくあること。

通常アーンジョーは歪みが少ないですが、フェイラーは歪んでいることも多い印象です。

 

アーンジョーのハンカチ&ルコットのハンカチの比較

ハンカチの厚み

アーンジョーのハンカチは、フェイラーよりも毛足が長くて密なのが特徴。

ふっくらした手触りです。

 

ルコットとアーンジョーを比較してみます。

f:id:haruyamahitsuji:20220309150045j:plain

両端:ルコット 真ん中:通常アーンジョー

厚みはあまり変わらないのですが、触ってみると通常アーンジョーの方が毛足の密度が高いです。

ルコットの方は毛束同士の隙間がわずかに広くなっているのがわかります。

 

とはいえ、比較しないとわからない程度の違いです。

ルコットも十分厚みがあり、ふっくら感はフェイラーより感じられます。

 

フチの比較

シェニール織りのハンカチは、フチがぐるっと糸でかがってあるのも特徴です。

 

フェイラーでは最近、その糸の密度がすかすかになっているとか言われていますが(真相はわかりません)、アーンジョーはフェイラーより太い糸で、隙間なくかがってあります。

今度もルコットと通常アーンジョーを比較してみます。

f:id:haruyamahitsuji:20220309150054j:plain

左:アーンジョー 右:ルコット

ルコット、けっこうスカスカです。

糸が細いですね。

未使用のハンカチ同士で比較すると、やはり数百円高いアーンジョーの方が高級感があることは否めません。

 

でも、このスカスカの糸が実は良い仕事をするんですよ!

後半ではそれについて解説します。

 

 

 

洗濯してびっくり!ルコットのハンカチは縮まない!?

以前、記事「フェイラーとアーンジョーの違い」で記載した通り、

アーンジョーのハンカチはフチの糸が密なので、洗濯によるフチのヨレがやや出やすいという特徴があります。

 

今回、ルコットを洗濯してみると...

f:id:haruyamahitsuji:20220415100257j:plain

ルコット 1回洗濯後

全然ヨレてない!!

もちろん未使用との見分けはつきますが、何枚もシェニール織りを洗濯してきた者としてはびっくりのレベルです。

 

たたんでも綺麗。

f:id:haruyamahitsuji:20220415100249j:plain

フチがこんなに真っ直ぐ。

ハンカチが反ったり、フチがなみなみになったりせず、気持ちいいです!

これには驚き!

 

正直、洗濯前はスカスカのフチにちょっとがっかりしていましたが、

洗濯後、「買って良かった~!」と気持ちが180度変わってしまいました。

 

新品のフェイラーをなかなかおろせないのも、縮んでヨレヨレしちゃうのが嫌だから。

それはシェニール織りである以上、仕方ないことだと思っていました。

 

洗ってもヨレヨレしないシェニール織り、色々なメーカーを試してきて初めてです。

 

ルコットのハンカチが縮まないワケ

シェニール織りのハンカチは、洗濯とともに縮んでヨレてきます。

それはシェニール織り本体の部分と、フチの糸の部分が縮む比率が違うことが主な理由です。

 

本体が縮んでいくのに、フチは糸で覆われていて一緒に縮めない。

そのため、フチの部分が本体より長くなり、ヨレてくるのです。

 

一方、もともと糸がスカスカだったルコットは、本体が洗濯で縮んでも、糸が余らない。

よって、洗濯してもピシッとしたままだったと考えられます。

 

「縮まない」、と書いていますが、厳密には「縮んでもヨレない」ということですね。

 

フェイラーの糸スカスカ問題(?)、実は悪いことじゃないのかも...

「フェイラーのフチの糸、最近隙間が多くなった」

という声を何度か聞いたことがあります。

私自身の印象は、「全部ではないけれど隙間が多いのもあるなぁ」と。

 

しかし、今回ルコットのハンカチを検証してみて、

「フチの糸はぎゅうぎゅうじゃない方が実は良いんじゃないか」

と思ったりしています。

 

新品で保管しておくなら、ぎゅうぎゅうに密な方が美しいんですけどね。

 

安くてかわいくて高品質!日本製シェニール織り「ルコット」

ルコットのハンカチは、アーンジョーの公式オンラインショップで購入できます。

ポスト投函で送料100円という良心的な価格!

ぜひ一度手に取ってみてくださいね。

 

 

通常アーンジョーについての記事はこちら

デザインの豊富さはフェイラーがいちばん。

haruyamahitsuji.hatenablog.com